リレーサーバーのリレー機能

リレーサーバーのリレー機能というのは、メール送信の役割をしているSMTPサーバーに何も制限を加えないことで実現する機能で、IPアドレスやドメイン、送信元、宛先などに制限を加えないということは、誰でも使用可能であることを示していて、このリレーサーバーのリレー機能を利用することで、迷惑メールや広告メール、スパムメールなどを不特定多数の第三者に送ることが出来ます。

このためにリレーサーバーのリレー機能を利用できないようにしっかりと制限をするように啓発運動などが行われていますが、リレー機能を可能にするリレーサーバーはインターネット上にたくさん存在しています。

名簿屋の有益な情報のご紹介です。

また最近では一般の家庭で使用されているパソコンに感染することによって、パソコンをリレー機能をもつリレーサーバー化してしまうコンピューターウイルスが開発されていて、アンチウイルスソフトなどを導入してきちんとアップデートなどをしていないパソコンなどは迷惑メールなどを送信するためのいわゆる「踏み台」として使用される恐れがあります。

バイクの輸送に関しての情報を紹介しているサイトです。

インターネット上で行われているリレーサーバーへの対策としては、リレー機能を持つSMTPサーバーからのメールを受信せずに全てブロックしてしまうというもので、多くの受信サーバーでこのような対策がとられています。
野放し状態にあるリレーサーバーは現在でも問題視されていて、スパムメールや広告メールなどの対策だけではなく、企業や公的機関へクラッキング攻撃の踏み台として利用されないように注意喚起がなされています。
リレーサーバーのリレー機能は、sendmailを導入したときに最初から装備されています。


その仕組みは難しいものでもありませんし、動作がどのようになるのかを学ぶこともそれほど難しいことではないでしょう。

ですから、リレーサーバーのリレー機能の設定に時間がかかってしまうと言うことは考えにくいでしょう。また、最近では設定をミスしていないかをチェックできるサービスが無料で提供されていますから、確認作業も簡単です。

安全看板の情報が揃っています。

サーバーを建てたときには、リレーサーバーのリレー機能が何のためにあるのかが分からないという人もいるのではないでしょうか。

保冷箱の情報をまとめました。

デフォルトでもオフになっていますし、特に必要とされていないと感じる人もいるでしょう。

名簿の販売についての総合情報ポータルサイトです。

実は、リレーサーバーのリレー機能は、もともとはデフォルトでオンになっていたのです。


というよりも、メールを配信するためには必要な機能だったと言えるでしょう。

https://4meee.com/articles/view/514381

メールを配信するときには、バケツリレーのようにして、色々なサーバを経由して配信されるというのが、初期のメール配信の仕組みでした。

しかし、リレーサーバーのリレー機能がオープンになっている事によって、これを迷惑メールを大量に配信するために用いられた時期があるのです。

http://matome.naver.jp/odai/2145964464478111901

そのために、デフォルトではオフにされているのです。設定をすればオンにすることができますが、この場合には送信元のアドレスを制限できるようになっています。


サーバーを制限することによって、特定のサーバーのみからリレーできるような環境を構築できます。

http://www.asahi.com/showbiz/enews/RTR200810230056.html

関連リンク

  • メールを配信するときに別のメールサーバーを利用して配信する機能を提供しているサービスがありますが、このような機能がリレーサーバーのリレー機能と呼びます。リレーサーバーでリレー機能がオープンになっていれば、そのサーバーから配信をすることができますから、例えば悪意のあるメールを送信したり、広告目的のメールを配信したりすることができてしまいます。...

  • メールの配信に特化したサーバーをリレーサーバーと呼ぶのですが、これは特別なサーバーマシンがあるというわけではなくて、一般的なメールサーバーにリレー機能を付加したものを指します。リレーサーバーのリレー機能とは、メールを中継するものです。...